エイジング加工、廃材をリメイク

| コメント(0) | トラックバック(0)
木の切れ端をエイジング加工して、額縁をつくります

建築現場からでる廃材は様々です、木の種類、大きさ、形
様々なものがあるので面白いです、ということは面白いものができます!
間違いなく!

廃材 エイジング加工 準備jpg


















色んな塗料を使って、エイジング加工していきます

エイジング加工とは...2012年 1月 26日 アンティーク、新材を古材に... ←関連Blogです、ご覧下さい

廃材 エイジング加工 2jpg


















思いのままに、色んな塗り方で塗ります
二回、三回と重ね塗りしていきます。

オールクラックアップという塗料を使用して、ヒビ割れを作ったりしたものもあります


塗料が乾いたら、仕上げの調整に入ります。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://henmi-k.jp/mt-tb.cgi/256

コメントする

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、HENMIが2013年2月 6日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「異なる種類の廃材を使って、ナチュラルにカラフルを!『額縁』」です。

次のブログ記事は「アンティークリキッドでアンティーク風「額縁」を制作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2