エイジング加工の最近のブログ記事

廃材の独特の風合いはアンティーク風に加工するのに相性がいいです
廃材をエイジング加工するとアンティーク感がより出ます

haizai-antexi-ku-dexisupurei-3.jpg

廃材の板をアンティーク風にペイントして組み合わせたものです
やっぱり廃材や古材はいい雰囲気を醸し出してくれます

haizai-antexi-ku-dexisupurei-5.jpg

これはオーダーで制作したディスプレイ用に棚です
釘に商品を吊るして展示するものです。

this-is-handmade-bana-2.jpg
Online Shop

廃材を使って家具・インテリア雑貨をつくってます
エイジング加工 フレンチシャビー 

テーブル スツール 棚 箱 額縁 
ドールハウス DIY アンティーク風 

SHOP http://henry.handcrafted.jp
FB    https://www.facebook.com/henry.thisishandmade

 
 逸見 匠平   SHOHEI HENMI
 
 mail        henry@henmi-k.jp
 
 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。

今日は女の子用の洋服タンスの紹介です。

廃材の板を組み合わせて作った扉、廃材の良さを失わないように仕上げの塗装をしました。

haizai-tobira-eijinngukakou-2.jpg



















左側は塗装してないです、廃材そのものの板です
扉の右側からグラデーションにしました。

haizai-tobira-eijinngu.jpg
















廃材はそのままの状態で十分いい雰囲気を醸し出してるので、塗装しなくてもOKですよね。

2013年 5月 21日 ←関連ブログです、良かったら見て下さい

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス DIY アンティーク
 
 逸見 匠平   SHOHEI HENMI
 
 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k
 
 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。

廃材、新材を使って作った洋服タンス

フレンチスタイルでアンティーク風に仕上げました
youfukutansu-chouchou-0.jpg
全体の写真です。
高さ1,546mm・幅900mm・奥行き350mm
子ども用の洋服タンスです、けど大人も好む雰囲気にしました
youfukutansu-chouchou-2.jpg
塗装が剥げて、木材が見えてきてしまってるように演出しました
グラデーションをかけました、不自然にならないようにするのがポイントですね。
廃材など、木を使って色んな物を作っています
エイジング加工 シャビー フレンチスタイル 
テーブル スツール
 棚 箱 額縁
ドールハウス DIY アンティーク
 
 逸見 匠平   SHOHEI HENMI
 
 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k
 
 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
アンティークな雰囲気にするのには様々方法があります
その一つにバーナーを使う方法があります。

ba-na--.jpg


















バーナーで木の板の表面を焼きます

ba-na--2.jpg



















全体をしっかり焼きます
焼き終わったら金ブラシで削ります、強めに削ってススを落とします

ba-na--3.jpg


















金ブラシで削った状態です、木の模様が際立ちます
長い年月を経ると木は痩せ、このように木の表面は凹凸になります

バーナーで焼いて人工的に同じような状態にできます。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス DIY アンティーク

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
丸椅子は最後にエイジング加工を施します
アンティーク風に仕上げます♪


smile-maruisu-antiques.jpg


















まずにオイルステインを塗り、その上に水性の塗料を二度塗りします
乾いたら、ペーパーなどで削って風合いを演出させます。

削る時のポイントは、頻繁に触る場所、よくぶつけるんじゃないかと思われる部分
摩耗が激しいと思われる部分を想像して、その部分を中心に削っていきます。

そうして削っていくと自然な仕上がりになります。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
様々な廃材エイジング加工して、張り合わせて作った額縁


星村家 完成jpg




















この額縁の全体の大きさは、ヨコ400mm、タテ330mmです
A4サイズのものを入れて飾れる大きさになっています

星村家 完成 4jpg


















ワンポイントとして右下に★のマークを入れました
これはオーダーしていただいた方の名前に星という漢字が使われていたということもあったので、★のマークを入れました

左上には、釘の跡を隠すために太鼓鋲を二つ付けました
ステンシルシートを使って描いたものです

星村家 完成 3jpg






















子ども達の写真を飾りたいというオーダーでしたので
明るい色を多く使って、様々な大きさや形の木を張り合わせて、踊るような楽しい雰囲気に仕上げました。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
廃材を使った額縁です
エイジング加工した板を張り合わせてつくりました

色んな形、色を使って「弾む楽しさ」心が踊るような楽しさを表現しました。


スターjpg


















A4サイズの写真が入る大きさになっています。

全体写真は後ほど...

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
木の切れ端をエイジング加工して、額縁をつくります

建築現場からでる廃材は様々です、木の種類、大きさ、形
様々なものがあるので面白いです、ということは面白いものができます!
間違いなく!

廃材 エイジング加工 準備jpg


















色んな塗料を使って、エイジング加工していきます

エイジング加工とは...2012年 1月 26日 アンティーク、新材を古材に... ←関連Blogです、ご覧下さい

廃材 エイジング加工 2jpg


















思いのままに、色んな塗り方で塗ります
二回、三回と重ね塗りしていきます。

オールクラックアップという塗料を使用して、ヒビ割れを作ったりしたものもあります


塗料が乾いたら、仕上げの調整に入ります。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平   SHOHEI HENMI

 mail       henry@henmi-k.jp
 HP     http://henmi-k

 Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
2012年 11月 1日 スクラップメイド『スツール』再生


つづき

スツール(椅子)の脚はポイントとして一本だけ色を塗ります
あとは何もしません、そのままの状態で十分いい感じなので。

塗装後 全体jpg


















ワンポイントの柄と対角線の位置にある脚、一本だけブルーを塗りました。

塗装後 座面 2jpg


















座面は最後にワックスを全体に塗って完了です。
ワックスはBRIWAXのクリアを使用しました。


廃材+お蔵入りのコーヒースタンド+@=スツール

今回のテーマは、『アンティーク POP スツール』という感じですかね。

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平 Shohei Henmi

 mail               henry@henmi-k.jp
 HP              http://henmi-k

   Facebookもやってるので良かったら見て下さい。
2012年 11月1日 スクラップメイド『スツール』再生
つづきです

形があっという間に出来たので早速塗装に入りました。

バターミルクペイントjpg


















今回使う塗料は愛用しているバターミルクペイントを使用します。
2012年 7月 2日 ←関連Blogです

スツール 塗装 jpg


















まずはヒビ割れを起こすオールクラックアップを塗り、乾いたら白い塗料を塗ります


白い塗料を塗ってしばらくするとヒビ割れてきるので乾く前に、布などで所々塗料を剥がしていきます

次に最終的に仕上げたい色を塗ります、色はグレー(灰色)です
グレーを塗り終わり乾いたら、サンドペーパーでこすっていきます
自分好みの風合いをだせたらOKです、ペイント塗装完了です。

*グレーに塗った状態を写真に撮るの忘れました、ペイントしていると夢中になってしまいます^^;

今回はポイントを一つ加えます!

ステンシルjpg


















ステンシルシートを使って柄を加えます
このシートは自作ではありませんが、ステンシルシートは簡単に作ることができます

ステンシル 塗装後jpg


















塗り終わった状態です。
ワンポイントなので明るい色、彩度の高い色にしてもいいのですが
今回、座面全体のトーン、色を合わせたかったのでこの色にしました。

柄の部分の塗料が乾いたら、サンドペーパーでこすって馴染ませます
スツール(椅子)全体をポップな感じに仕上がりにしたい場合はこのままでもいいかもしれません

塗装後 座面jpg



















サンドペーパーでこすった状態です。
白い塗料を所々飛ばして、更にアンティーク感やヴィンテージを演出しました。

*塗料を飛ばすのは一回目の塗装行程の時にやりました

つづく

廃材など、木を使って色んな物を作っています
テーブル テレビ台 棚 箱 額縁
ドールハウス

 逸見 匠平 Shohei Henmi

 mail               henry@henmi-k.jp
 HP              http://henmi-k

   Facebookもやってるので良かったら見て下さい。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエイジング加工カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHANDMADEです。

次のカテゴリはペイントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2