モルタル、綺麗に平らに塗れなくてもそれはそれで雰囲気の良い物に仕上がります

| コメント(0) | トラックバック(0)

モールテックスという性能とデザイン、どちらも優れているモルタル材に惹かれ講習会に参加し始めてモルタルを塗りました
住宅の仕事で補修などではモルタルを使って施工したことはありますが、モルタルで仕上げの施工をしたことはありませんでした(通常は左官屋さんに施工してもらうので)

モルタルを平らに塗るのって難しいです、想像以上でした。とくにテーブルみたいに広い面積は初心者にはかなり難しいことでしね
改めて左官職人はすごいと体感しました。

mo-rutekkusu-te-buru-bm59-oiruoh2.jpg

平らにピシッと塗れなかったけど、多少の凹凸や刷毛跡のウネウネがあっても良い雰囲気に仕上がります、むしろこっちの方が好みかな、廃材とのバランスも良いしね。
下敷きなど使えば何か書く時も問題ないですしね。

モールテックスは最後研磨して仕上げるのですが、研磨すると色の濃淡が出来ていい雰囲気を醸し出します(綺麗に平らに塗っても色の濃淡は出ます)ここがまたモールテックスの惹かれるポイントです。


廃材を使ったものづくりを行っています
家具・アンティーク風、ヴィンテージ調に加工・フォトフレーム・アートフレーム

逸見 匠平 SHOHEI HENMI
Mail   henry@henmi-k.jp

H.P http://henmi-k.jp/handmade/henry/
ONLINESHOP http://henry.handcrafted.jp
FB    https://www.facebook.com/henry.thisishandmade

 逸見建設株式会社
http://henmi-k.jp/house/photo/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://henmi-k.jp/mt-tb.cgi/1373

コメントする

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、HENMIが2018年6月30日 08:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モルタルベンチ「モールテックスと廃材を合わせた家具」」です。

次のブログ記事は「モールテックスの天板とシャビーシックな脚を合わせました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2